THE C/S PROJECT


C/Sとは・・・
1940-1950年代頃、サウスウエスタンやチカーノのグラフティアーティストが
グラフティーやプラーク(壁画)の書き終わりにC/S(Con Safos)のロゴをサインし出した。
C/Sは、現在で言う「リスペクト」と訳され、タギングやグラフティーが神によって守られていると言ったおまじないや
ギャングの縄張りの境界などとして、利用されたと言われている。
Bobby Ruizは、DJ RUEと共に、C/Sの起源や意味を明確にするために、親交のあるアーティストからインタビューを始めた。
それらをまとめ、The C/S Project(www.CslashS.com)として、Webでインタビューとビデオの公開を始めた。
Chaz Bojorquez, Eriberto Oriol, Mister Cartoon, Mark Mahoneyなどの
タトゥーアーティストやグラフティアーティストOGなどのインタビューを掲載している。
また、同時にインタービューしたアーティストとC/SをFeatureした、T-shirtなどの販売を始めた。
The C/S Projectを通じて、カルチャーを可能な限り来世に伝えようとしている。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1